ハムスターを飼いたい人のための情報サイト
ホーム | リンクについてサイトマップ

ボクのハムスター生活

ハムスター

ハムスターはペットの中でも、昔から根強い人気のある動物です。ペットショップで購入する場合でも、比較的低価格で購入できますし、道具を揃える場合も、犬を飼うときのように、高額になるということもありません。そのため、とても気軽に飼い始める人が多いです。

本当に気軽に飼いはじめて大丈夫ですか?

1つの命を世話していくということが、どういうことだか分かっていますか?生きている以上、病気にかかることもあるかもしれません。小さな体は病気が分かってからあわてて情報を集めても遅いことがあります。飼う前に色んな知識を身につけておく必要があるでしょう。

どうかお願いです。
軽い気持ちで飼い始めないでください。

しっかりと勉強し、ハムスターのことを分かってから飼うようにしてください。軽い気持ちで飼いはじめると言うことは、1つの命を軽く考えていることになるのです。

飼う前に

ペットを飼いたいと思ったら、実際に飼いはじめる前に、動物を飼うということはどういうことなのか、どれだけの責任があるのかを自覚しなければいけません。

動物を飼うということ

『かわいいから飼う』『エサ代も小さい動物ならかからない』という気持ちではいけません。生き物を飼うということは、遊びや軽い気持ち、はやりなどで、勢いで飼うものではありません。

飼育用品

また、ハムスターを飼うのに必要なものはどんなものなのか、色んなものが販売されていますが、本当に必要なものはどれなのか、無駄を省いて必要なものだけをそろえましょう。

どんな子がいい?

オスやメス、どちらを飼うのかというのも、購入しに行ってフィーリングで選んではいけません。事前にそれぞれの特徴や性格なども学習して、先に決めておきましょう。

飼い方

待ちに待ったハムスターを我が家に向かえ、ウキウキワクワクな気持ちでしょう。一緒に遊びたい気持ちも分かりますが、ストレスをためやすい動物だと言うことをちゃんと理解しておきましょう。

ハムスターの飼い方

どのように飼って行けばいいのか、知識をつけておきましょう。ただエサと水を与えていればいいわけではありません。

ハムスターの気持ち

動物は言葉を話せないので、態度や鳴き声で何を考えているのか、何を言いたいのかを感じ取らなければいけません。最初は誰でも分かりませんので、少しずつ理解していきましょう。

繁殖

ハムスターの妊娠と出産、赤ちゃんの成長について紹介します。ハムスターの繁殖は、比較的簡単にできますので、増えすぎに注意しましょう。

ハムスターの種類

ハムスターには数多くの種類があります。それぞれの性格の特徴もありますので、どのハムスターが飼いやすいのか、どんな特徴があるのか、種類別に紹介していきましょう。

ゴールデンハムスター

ジャンガリアンハムスター

ロボロフスキーハムスター

キャンベルハムスター

チャイニーズハムスター

健康管理

動物は自分で健康管理ができません。飼い主がペットの健康を左右すると言ってもいいくらいです。それくらいしっかりとした心がまえでなければ、動物を飼う資格はありません。

フード

毎日様子をみることだけではなく、フードの与え方や、たべさせるものも関係していきます。

病気

調子が悪いとそれを隠そうとしたり、体力を消耗しないように、おとなしくしていることしかできません。飼い主が健康管理をしていかなければいけないのです。

天国へ

そのペットの寿命をまっとうし、天国に旅立てるよう、最後までお世話をしていかなければいけません。

このページの上にもどる