ハムスターを飼いたい人のための情報サイト
ホーム | リンクについてサイトマップ

ボクのハムスター生活
ホーム > 飼う前に > どんな子がいい?

どんな子がいい?

飼育用品が準備できたら、いよいよハムスターをお迎えしましょう。ペットショップから購入するのか、知り合いの家で増えた子をもらってくるのか、お迎えする方法は色々ありますが、きちんと自分で選び方を学習して、元気なハムスターをお迎えしましょう。

オスとメスの違い

人間と違って、パッと見てもオスとメスの違いが分からないかもしれません。だから、どっちを飼っても同じだというわけではありません。

オスとメスの違いを学習して、自分で飼いたいと思った方を選びましょう。

オスとメスでは性格が違います。オスだと縄張り意識が強くて、数匹で飼っているとケンカしやすく、ストレスにも弱いです。けれど、好奇心が強いのも特徴です。

メスは、環境が変わってもすぐに慣れるので、人にも慣れやすいです。食い意地がはっていて、ストレスや病気に強いのが特徴です。

なつきやすさで言えばメスですが、赤ちゃんを産む準備ができると気が荒くなりますので、トラブルも多いです。

オスとメスの見分け方

オスとメスの見分け方は、初心者ではちょっと難しいかもしれません。見分け方は肛門と生殖器の位置で判断します。

赤ちゃんハムスターでは見分けがつきにくいです。肛門と生殖器が近いのがメスで、離れているのがオスです。生まれてから1ヶ月半以上過ぎると、オスだとおしりが大きく見えるので、一目で分かるようになります。

ハムスターの選び方

オスを飼うか、メスを飼うか決まりましたか?いよいよハムスターを選ぶのですが、元気なハムスターを選ぶために、ハムスターの行動している時間帯に選ぶのが理想です。

できれば夕方以降、ハムスターが活動しだし、餌を食べたり運動したりしているのを見て、元気な子を選びましょう。

毛色がよく、ツヤのある子を選びます。人になつかせるためにも、若いハムスターを選びましょう。どれが若いハムスターか分からないときは、下の表を参考にしてみましょう。

若いハムスター

  1. 手足の皮膚の色が薄いピンク色
  2. 毛の色の濃いところと薄いところがぼけている
  3. 全体的に体が少しちいさい

若くないハムスター

  1. 毛の色の濃いところと薄いところがハッキリしている
  2. 体が全体的に大きい

若いハムスターといっても、健康な子を選ばなければいけません。指の数はちゃんとありますか?ハムスターは、前足が4本、後ろ足が5本あれば正常です。

体調が悪いと目やにを出していますし、風邪か鼻炎の場合は鼻水も出します。肛門がきたないと下痢をしている証拠です。体に傷があったり、毛がはげていない子を選ぶようにしましょう。

慣れた子を選ぼう

知り合いの家で増えたハムスターをもらってくる場合、元々人間になれていますので、あまり問題はありません。

また、ペットショップで購入する場合、店員がしっかりと世話をしている店では、手を怖がることもなく、ハムスターも人に慣れています。

メス2匹

知人の家でジャンガリアンハムスターを飼っていました。

『赤ちゃんが産まれたからいらない?』

と、声をかけられました。

『増えると困るから、
オス2匹とかメス2匹の組み合わせならもらってもいいよ』

と返事をし、我が家にジャンガリアンハムスターのメスが2匹やってきました。

ハムスターを飼いはじめて3週間ほどたったある日。どこからか、かすかにキーキーという鳴き声がします。最初どこからその音がするのか分からなかったのですが、もしやと思い、ハムスターのハウスの屋根を取り外して中を覗いてみると……指先ほどの小さなピンク色をしたものがたくさん動いていました。一瞬時間が止まったように固まってしまったのですが、我に返って赤ちゃんハムスターだと気づきました。

そうです。ゆずってもらったハムスターは、メス2匹ではなく、オスとメスのペアだったのです。

このページの上にもどる