ハムスターを飼いたい人のための情報サイト
ホーム | リンクについてサイトマップ

ボクのハムスター生活
ホーム > 飼い方 > 繁殖

繁殖

ハムスターに限らず、ねずみの仲間は大人になるのも早く、赤ちゃんもたくさん生むのであっという間に増えてしまいます。もしも増やすつもりがないのであれば、1匹ずつ飼うようにしなければいけません。オスとメスを一緒にしておくと、次から次へと赤ちゃんが産まれてしまいます。

大人のハムスター

ハムスターは生まれて1ヶ月で大人になります。2ヶ月になると赤ちゃんが産めるようになります。

ペットショップで購入したハムスターで生まれてどれくらいたっているのか分からない場合は、体重が80〜130gだと、赤ちゃんを作ることができる目安になります。

赤ちゃんを作る時期は春と秋の2回で、気温が20〜22度の環境です。ただし、家の中で飼っているハムスターは1年中の場合がほとんどです。だから計画的にしなければ、年中赤ちゃんが増え続けて行くことになります。

お見合い

人間でも好きな人や苦手な人がいるように、ハムスターにも相性があります。ですから繁殖させるためにいきなり同じケージに入れるのではなく、最初はお見合いからスタートです。

オスとメスを入れたケージを4〜5日だけ隣合わせに置いて様子を見ましょう。ケージごしにケンカをしないようならメスのケージにオスを入れてみます。自分の縄張りに違うハムスターが入ってくるので、最初はメスがオスを攻撃してしまうかもしれませんが、うまくいく場合はすぐにおさまります。

もしケンカが激しくなるようだとお見合いは失敗ですので、すぐに2匹を別々にしましょう。

ハムスターの妊娠と出産

2匹を一緒にしておくと、オスがメスを追いかけるようになります。

メスがオスを受け入れると、1時間ほど繰り返して交尾が行われます。交尾が終わったらオスをケージに戻します。妊娠したメスはとても気が荒くなっています。10日ほどでメスのお腹がふくらんできて、歩き方もゆっくりになり、体重も増えます。

妊娠してから赤ちゃんが産まれるまで15〜16日かかります。出産が近くなるとハウスにこもりがちになり、巣材を集めたりします。このころからにおいが気になるかもしれませんが、ケージの掃除はちょっとがまんです。

お母さんハムスターに刺激を与えないように、ケージを静かな場所に移動してください。

エサはチーズやニンジンなども与えましょう。

赤ちゃん誕生

ハムスターの赤ちゃんは、周りが静かなときに産まれます。朝早く生まれることが多いようです。ハウスの中から『チーチー』と声が聞こえてきますので、生まれたのが分かります。のぞいて赤ちゃんを見てみたいところですが、がまんしましょう。

お母さんハムスターにストレスを与えてしまい、せっかく生まれた赤ちゃんを食べてしまうことがあるからです。エサを与えるときも静かに、刺激しないようにしましょう。エサは栄養のあるものをあげます。

お母さんハムスターがハウスから出入りするとき、中から赤ちゃんが出てしまったら、絶対に手で戻してはいけません。

スプーンや布を巻いたハシなどでハウスに戻します。人間の臭いをつけてはいけません。

ハムスターの妊娠と出産

ハムスターは最初に紹介したように、1ヶ月で大人になります。生まれてから大人になるまで、どのように成長するのでしょうか。

週数

赤ちゃんの様子

誕生

生まれたての赤ちゃんハムスターは体重5gほど、毛も生えていなく、体は赤っぽいです。4日ほどで体重が2倍になり、目が開きます。お母さんからは夜におっぱいをもらいます。

1週目

1週間を過ぎると体に毛が生え始め、10日くらいで自分でエサを食べ始めます。水でふやかしたペレットを皿に入れてあげましょう。

2週目

ハウスの外に出てトイレをするようになります。

3週目

時間をかけてヒマワリの種をあけられるようになります。おっぱいを飲む回数も減ります。生後20日以降であれば、里子に出しても大丈夫です。

4週目

そろそろお母さんハムスターと別々にする時期です。大人になりますので、分けて飼わなければさらに赤ちゃんが増えてしまいます。

巣分けの失敗

メス2匹をもらったはずの我が家のハムスター。

実はオスとメスで赤ちゃんが産まれてしまったわけですが、このときでオスとメスを別のケージにして2個のケージでした。生まれた赤ちゃんはとても小さくてちょこちょこ動き回り、とてもかわいいです。そろそろ生まれて1ヶ月になるので、オスとメスを分けてケージにうつさなければと思い、巣分けしました。

それから約2週間後……また赤ちゃんが産まれました。

どうやら巣分けしたとき、すでに妊娠していたようです。ちょっと巣分けのタイミングが遅かったようです。最終的には12匹になり、ケージや水槽も12個になってしまったのです。

このページの上にもどる