ハムスターを飼いたい人のための情報サイト
ホーム | リンクについてサイトマップ

ボクのハムスター生活
ホーム > ハムスターの種類 > ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスターは品種によって、色んな色がいます。ハムスターの中では大きい種類で、人間にとても慣れやすくて飼いやすい種類です。中でも短毛のオスが一番飼いやすいです。代表的な色は、短毛だと赤褐色のノーマルタイプ、黒と白のパンダカラー、全身白1色、斑点のあるものや帯、ブチのあるものになります。長毛だと茶色やグレーと白などです。別名は、シリアンハムスターと言います。野生のゴールデンハムスターは、お腹だけが白っぽく、背中全体が茶色をしています。

シリアンハムスター

ゴールデンハムスターの正式名称は、『シリアンハムスター』と言います。私たちがペットとして飼っているゴールデンハムスターは、1930年にシリアで捕獲(ほかく)された野生の1匹のメスと、12匹の子供達が繁殖して世界に広まったと言われています。当時、野生のハムスターはいないと言われていましたので、捕獲されて繁殖に成功するまで、幻の動物とも言われていました。

他のハムスターに比べて歴史も長く、毛の色や柄も一番種類がたくさんあります。体はオスで約18cm、体重85〜130g、メスが約19cm、体重95〜150gになります。

特徴

ゴールデンハムスターには短毛腫と長毛腫があり、色もたくさんの種類があります。1匹で飼うということを守っていれば、一番飼いやすいハムスターです。

オスよりもメスの方が体が大きく、トンネルを掘るときは足だけではなく、切歯でも土を掘ります。

ゴールデンハムスターの種類

種類の多いゴールデンハムスターですが、色んな色や柄を掛け合わせて作られたものです。

毛の長さも、短い種類と長い種類があり、中には毛にカールがかかっている種類もあります。ここでは代表的なものを紹介しますが、ここに紹介する以外にも、まだまだたくさんの種類があります。

カラー

特徴

白×茶

短毛で、白と茶色い毛。

白×茶(長毛)

長毛で、白と茶色い毛。

キンクマ

一番おとなしいタイプ。全身濃いアプリコット。耳の裏が黒い。

こげ茶

短毛で黒い目。お腹が白い他は全部茶色。

トリコロール

短毛で毛の色が3色。長毛はキャリコと呼ばれる。

パンダ

短毛で黒い目。黒と白がはっきりしている。

ダルメシアン

ベースが白で、グレーや黒の模様が背中にある。

アプリコット

長毛。キンクマの毛を長くしたような見た目。

サテン

ツヤのある、絹のようなしなやかな長毛種。

シルバー

シルバーグレーの長毛種。

ドミノ

黒い頭に白いラインが1本入っている。

ブラック

短毛の黒い目。全身が黒いタイプ。

長所と短所

ハムスターの中でも、一番飼いやすいゴールデンハムスターですが、やはり良いところもあれば悪いところもあります。飼う前に、ちゃんと理解しておきましょう。

長所

人に慣れやすい

かしこい上に、緊張感も少ないのでなつきやすい。

おとなしい

おとなしく、体も大きいので体調管理がしやすい。

かまない

よほどのことがない限り、人をかむことはありません。

トイレを覚える

確実に同じ場所をトイレとして使います。

汚さない

ケージの中を散らかしません。トイレも同じ場所でするので掃除が楽になります。

好き嫌いがない

エサをあげるとほとんど食べます。

繁殖が簡単

繁殖は簡単でたくさん子供を産みます。1匹ずつ飼えないのであれば、繁殖しないほうがいいです。

情報が多い

本を見ると分かるように、ハムスターの情報のほとんどがゴールデンハムスターです。

病院を探しやすい

ハムスターの診察をしてくれる獣医さんのほとんどは、ゴールデンハムスターのことを言っています。小さなロボロフスキーなどは診察できない獣医さんもいます。

短所

野菜がたくさん必要

キャベツの大きい葉を1日1〜2枚食べますが、他のペットに比べると少ない方です。ハムスターの中では野菜をたくさん食べるということです。

集団で飼えない

ハムスターは縄張り意識が強いので、オス同士で飼うと間違いなくケンカになります。1匹ずつ飼いましょう。

エサが多く必要

ゴールデンはよく食べます。他のハムスターに比べると、エサ代はかかる方です。

大きいケージが必要

市販されているケージのほとんどは、小さなジャンガリアン用になります。ゴールデン用に大き目のケージや水槽にしなければ、ストレスをためてしまうことになります。

このページの上にもどる