ハムスターを飼いたい人のための情報サイト
ホーム | リンクについてサイトマップ

ボクのハムスター生活
ホーム > ハムスターの種類 > ロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスターは、ドワーフハムスターの中では最小の小ささを誇ります。和名はロボロフスキーキヌゲネズミと言います。小さい体ですばしっこく、人に触られるのをいやがります。だからといって、手に乗せてもかむわけではありませんが、これは臆病だから何もできなくなっているだけで、かなりのストレスを与えてしまいますので、手に乗せるのはやめましょう。

特徴

1994年に日本にやってきたロボロフスキーハムスターは、その小ささからとても人気があります。活発に動き回るので、体が小さいからと言って少しのスペースで飼うのではなく、十分なスペースを与えて飼わなければいけません。とても臆病ですばしっこく、基本的には人に慣れることはないので、慣れさせて手にのせたりという夢は持たない方がいいです。あくまでも観賞用のペットとして飼いましょう。

ハムスターとのスキンシップを夢見ているのであれば、ロボロフスキーハムスターは向いているとは言えません。大きな回し車はサイズが合わなくて、うまく中で走ることが出来ないので、ドワーフ用の回し車を入れてあげましょう。

ハムスターの中では唯一、複数飼いのできる種類になりますが、その場合は、大人になる前から一緒に飼うことが理想的です。体の大きさは約7cmで、オスの方が少し大きいです。体重は15〜30gで、体が短く、二頭身です。目の上の白い毛が特徴です。

ロボロフスキーの種類

他のハムスターと違い、毛の色に種類はありません。基本的に体の上が黄褐色で、下が白くなっています。足の裏としっぽにも毛が生えています。

カラー

特徴

ノーマル

白い眉毛のような毛があります。

ホワイトフェイス

顔が真っ白です。

スーパーホワイト

全身真っ白の毛です。

長所と短所

人に慣れないのに良いところなんてあるの?なんて思わないでくださいね。ロボロフスキーにはロボロフスキーなりに長所があるのです。

長所

かまない

ハムスターの歯はするどいのでかまれると痛いのですが、めったなことではかむことはありません。その前に走って逃げてしまいます。好奇心でかむことはありますが、本気でかんでくることはありません。

複数飼育ができる

唯一集団で飼うことのできる種類です。ただし、ケンカをしにくいというだけなので、必ず何匹でも飼えるというわけではありません。それまで平和に暮らしていたのに、ある日突然ケンカをはじめることもあります。おどろいてケンカになることもありますので、見分けることが必要です。

飼育用品が豊富

ロボロフスキーの飼育用品は、ジャンガリアン用のものをそのまま使えますので、豊富に販売されています。

野菜が少量でいい

体が小さい分、食べる野菜の量も知れています。全く食べないわけではありませんので、少しだけ与えましょう。

飼うスペースが少ない

体が小さいので、ゴールデンほどスペースは必要ありませんが、すばしっこくて運動量が多いので、ジャンガリアンよりはスペースを確保してあげましょう。

短所

なつかない

何度も言いますが、ロボロフスキーは人に慣れません。ゆっくりと環境に慣らして行くと、コミュニケーションがとれるようになる子もいます。だからといって手乗りにはなりません。自分から手にのったとしても、人の手と認識してのったわけではありません。

体が小さい

体が小さいので、体調が分かりにくいです。

情報量がない

情報量が少なく、調べようがないときもあります。

暴れる

触られるのがきらいなので素早く逃げますが、つかまってしまうとおとなしくなります。ですが、手の中で急に暴れることもありますので、落とさないように注意が必要です。基本的に観賞用なので、触らないのが一番です。

トイレを覚えない

はっきり言ってトイレを覚えません。回し車で走りながらオシッコをしてしまうくらいです。あちこちでオシッコをします。

汚す

ケージの中を汚す天才です。トイレで汚すだけではなく、床材や巣材もばらまきます。

影響を受ける

好奇心が強く、色んなものに興味を示します。飼い主の足音にさえ興味を示すようになると、不規則な生活になってしまいます。

診察してもらえない

臆病でおとなしく診察される性格でもなく、体の小ささから、診察してくれる病院がありません。

このページの上にもどる